HOME > 不動産管理クラウド > 固定資産管理パッケージ

不動産管理システム|固定資産管理パッケージ

@プロパティの機能

固定資産管理パッケージ

特 長

「固定資産管理パッケージ」は、減価償却、減損処理、法人税申告帳票や償却資産税申告帳票の自動作成など固定資産管理に必須な機能を網羅し、導入リードタイム、初期コスト、システム運用負荷を大幅に削減するクラウドサービスとして提供されます。クラウドサービスは常に進化し続け、会計基準や制度改正にも迅速に対応します。今後、想定されている国際会計基準(IFRS)への対応についても、バージョンアップ(一部オプション)等で随時対応を予定しています。

さらに固定資産管理パッケージを他のパッケージと連携することで、統合資産管理として取得から除却に至るまでの資産ライフサイクルの一括管理が可能となります。これにより、資産管理業務とそれに関連する税務・会計業務がシームレスにIT化され、飛躍的に業務精度・効率を高めます。例えば、施設・不動産管理を担当する業務部門で工事・取得譲渡等の業務情報を登録し、財務部門ではその業務情報を元に固定資産情報を登録・承認後、仕訳データを会計システムに連携することができます。

不動産管理業務と固定資産管理業務の相互連携
固定資産パッケージと他の@プロパティパッケージの連携

(注:※印はオプション機能を示します)

特 長

制度変更にも迅速に対応

@プロパティはクラウドサービスの特長を活かし、資産除去債務等、新たな会計基準や税制にも柔軟に対応します。ユーザー様で追加投資をする必要はありません。今後、想定されている国際会計基準(IFRS)への対応についてもバージョンアップ(一部オプション)等で随時対応を予定しています。

固定資産明細は効率的に登録

固定資産明細登録は手入力の他、CSVデータのインポートも可能です。これにより、煩雑で多くの時間を要する資産の登録や分解が簡素化、省力化されます。また、承認を財務部門が行うことで、信頼性を保つことができます。


ガイダンス機能の充実

固定資産管理になじみの薄い方でもスムーズに登録が行えるようガイダンス機能を設けています。



各種帳票機能の充実

@プロパティ標準機能でのExcel形式の帳票出力機能をさらに強化し、様々な抽出条件を設定し、ユーザー様のニーズに応じたリストを迅速に出力することが可能です。


償却資産税申告帳票もボタン一つで出力

法人税、償却資産税の申告帳票の作成は、確定数値としての完全性が求められます。@プロパティは、不動産に関する業務管理機能と固定資産に関する財務管理機能が一体化された利点を活かし、法人税、償却資産税の申告帳票はExcel形式にて自動出力されます。

業務情報の自動反映 (オプション機能)

@プロパティの「工事」「取得、譲渡」「支払」など各種業務情報を勘定科目から自動判別し、固定資産として登録すべき「固定資産連携リスト」を作成します(建設仮勘定システムに相当)。関連情報を二重入力する必要がありません。