HOME > 不動産管理クラウド > @property オプション・パッケージ 一括データ登録(請求データ)

@property オプション・パッケージ バンキング自動消込み

@property オプション・パッケージ

バンキング自動消込み

概 要

銀行口座の振込入金データを利用し、入金消込みを自動で行います。
複数建物の入金処理を一括して行うことができ、業務の効率化が図れます。入金日、入金額の誤入力や入金処理漏れを防ぐことができます。

STEP1. 請求情報の作成


@propertyの標準機能「プロパティマネジメントパッケージ請求入金」を利用して請求情報を作成します。
賃料や共益費は契約情報から自動的に生成されます。

STEP2.銀行入金データの取得/インポート


各銀行のサービスにより銀行入金データを取得し、@propertyにインポートします。

STEP3.請求情報との突合(自動消込み)結果を確認

STEP2.データのインポート 庵メージ
入金単位でマッチング結果が確認できます。
不一致(アンマッチ)部分は、マッチング候補検索画面で容易に手動マッチングできます。
確定後、決算書(P/L、CF)に反映します。

特 長


● 発生源入力が可能

AM会社/オーナー/本社からだけでなく、PM会社/支店、現地からも利用できます。

● 振込人の特定方法

振込人の特定方法は、振込依頼人名から行う方法(名寄せ)、バーチャル口座の口座番号より行う方法のどちらにも対応しています。混在も可能です。
また、建物毎に入金口座が決まっている場合、その口座で絞り込んで請求情報と突合(自動消込み)することができます。

● 消込み処理オプション

金額不一致(一部入金、超過入金/分割処理)でも消込み処理を行うことが可能です。

● 学習機能の更新

手動でマッチングを行うと、振込依頼人名やバーチャル口座の口座番号等が自動で記録され、次回より自動でマッチングされます。 使い込むほどにマッチング率が向上します。

● 大手都市銀行フォーマットに対応

銀行入金データは、全銀フォーマットの他、大手都市銀行フォーマットにも対応しています。
例) 三菱東京UFJ銀行:BizStation みずほ銀行:みずほビジネスWEB 三井住友銀行:パソコンバンクWeb21

● メンテナンス機能

一度処理を確定した消込みについても、処理の取消が可能です。