HOME > 不動産管理クラウド > @propertya オプションパッケージ

@property オプションパッケージ

@property オプションパッケージ

公開用電子書庫

テナントユーザー向けの開示を目的としたオプションです。
標準機能の電子書庫を開示せずに、テナントユーザーと書類の受け渡しが可能です。

概 要

標準機能電子書庫画面

標準機能電子書庫画面 公開用電子書庫画面

● メインメニューからのダイレクト表示

メインメニューからダイレクトに表示されます。
標準機能の電子書庫とは独立した権限設定となっており、必要最低限の情報開示が可能です。

● テナントユーザーのアクセス制限

テナントユーザーのアクセス制限が可能です。
テナントユーザーがアクセスした場合、設定した法人に関連する情報のみ表示されます。

<使用例>

1) テナントユーザーが一時的に「公開用電子書庫」にアップします。
2) オーナーが標準機能の電子書庫に振分けます。
※ テナントユーザーに標準機能の電子書庫を開示せずに書類の受け渡し、参照が可能です。

電子書庫階層

概 要

標準機能の電子書庫を拡張・階層化するオプションです。
フォルダを使用して電子書庫を詳細に整理していただけます。

電子書庫の階層を設定

標準機能電子書庫画面 階層電子書庫画面

● 使い勝手のよい階層構造

大・中・小分類の階層フォルダ構成になっています。
大分類20タブ(=標準機能)に対して、中分類・小分類は、それぞれ99タブまで登録可能です。

大分類20タブ × 中分類99タブ × 小分類99タブ

● 土地・建物毎にフォルダ設定可能

中・小分類は、土地・建物毎にフォルダ名称や鍵付きフォルダの権限設定が可能です。
※大分類の設定は契約ID共通です。

電子書庫権限設定拡張

電子書庫の権限設定をファイル単位で行うことができます。
標準機能の権限設定(フォルダ単位)と併せてご利用いただく事で、@プロパティに保管するファイルのセキュリティ向上を図ることができます。

● 上記「公開用電子書庫」「電子書庫階層」と併用可能です。

※上記はそれぞれ別のオプションとなります