HOME > 不動産管理クラウド > CREエディション(企業不動産)

不動産管理システム|CREエディション

  • 不動産管理クラウド
  • 動不動産管理クラウド
  • BCPクラウド
  • 不動産管理エディション
  • AMエディション(アセットマネジメント)
  • PMエディション(プロパティマネジメント)
  • FMエディション(ファシリティマネジメント)
  • CREエディション(CREマネジメント)
  • PREエディション(PREマネジメント)

CREエディション(CREマネジメント)

「@プロパティ CRE エディション」は、様々な業種の企業のCRE(企業不動産)マネジメントに関わる幅広いニーズにお応えします。
企業価値向上・最大化の観点から、オフィス・工場・店舗などの事業用不動産やテナントビルなどの投資用不動産、厚生施設など各種施設の有効活用や業務の高度化・効率化を支援します。

導入事例 日本生命保険相互会社様

CRE(企業不動産)エディション特長

 
  • 経営リスクの低減
  • 業務改革の促進
  • ファシリティコストの適正化
  • 資産の見える化
経営リスクの低減イメージ
特長1

経営リスクの低減

会計制度・税制改正への対応、不動産・施設の各種リスク管理など、内部統制・コンプライアンスの強化により、事業経営に関わるリスクを低減します。

経営リスクの低減イメージ
特長2

業務改革の促進

様々な会社や部門が関わる不動産・施設に関する業務の業務標準化と業務連携を支援し、業務改革を促進します。

業務改革の促進イメージ
業務改革の促進イメージ
ファシリティコストの適正化イメージ
特長3

ファシリティコストの適正化

施設・設備の計画的な修繕・保守、タイムリーな賃料見直し、継続的なエネルギー管理などにより、中長期的なファシリティコストの低減と適正化を実現します。

ファシリティコストの適正化イメージ
特長4

資産の”見える化”

国内外に散在する不動産・資産のサマリー情報・価値・リスク・収支・活用状況などの実態を可視化し、資産情報の共有化と資産管理の適正化を図ります。

資産の見える化イメージ
資産の見える化イメージ

サービス概要

CREエディションは、資産ポートフォリオの分析・評価などのCRE戦略支援や、資産情報の把握や不動産・施設の運営管理など、企業不動産に関するマネジメントを経営面、実務面から支援します。

CREエディション(CREマネジメント)サービス概要 FMエディション(ファシリティマネジメント)サービス概要図FMエディション(ファシリティマネジメント)サービス概要図FMエディション(ファシリティマネジメント)サービス概要図

主な導入事例


主な導入事例
保険A社 日本最大規模(民間)の不動産資産を管理。管理会社や本支社・部門の資産管理業務の連携を実現
製造B社 本社で、グループ(全世界)の拠点の資産の状況・利用効率・環境リスクを管理
製造C社 生産/研究拠点の施設・設備の台帳管理、メンテナンス業務を委託会社と連携し管理
運輸D社 本支社・厚生施設等の自社および賃借物件について、契約/営繕等のFM業務を関係会社と連携し管理
運輸E社 自社および管理委託物件について、契約・請求入金・会計・予算実績の管理を実施